忍者ブログ
I Love Canon Powershot G2( ´艸`) デジタル黎明期のまぁるいカメラが愛機です。 へっぽこカゲンがお気に入り。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎日撮っている空の写真から、縦置きの綺麗めなものを。

1月26日



1月31日






2月1日


2月2日



2月4日


【左】素敵な三日月が空豆に写るMyショボカメラ  【右】乾いた寒い日は富士山が大きく見えます
 

街灯りの数よりも、ずっと多くの人が家路を急ぐ夜。 見飽きない、見慣れた光景。




若い営業さんのお母様がくも膜下で倒れられ、わたしの父の時よりも劇症で…
意識のないまま、親族全員とお会いになるまで頑張られた10日間。
東京は毎日素敵な空でした。
「娘の代わりをどうぞ宜しく」 と、お母様がくださったに違いない美しい空でした。
昨日はポチポチ、今日は激しい雨です。
「全て終わりました。早めに戻ります」 と連絡をくれた気丈な彼女の代わりに、空が泣いてくれています。

親を見送る。 それは子として最高の幸せ。 けれど、あまりにも突然であまりにも早い。
妊娠中の彼女は、北海道へ陸路で向かう中、引き継ぎのメールを次々とよこしてくれました。
何かやっていないと落ち着かなかったその気持ちは、編み物に没頭した時のわたしの気持ち。

心も体も元気になるまでいくらでも時間をかけて
あなたにしかできないことがある場所へ、ゆっくり帰ってきてね。
外部のわたしが多くを引き継ぐことになったのは、上司のみなさんもそう思っているからよ。
彼女の代わりに、お客さまに伺って感じます。 彼女がお客様にとても愛されていることを。
忙しさが気持ちを救ってくれるよね。 お母様の自慢の娘さん、今日もピンチヒッターしてくるからね。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●空●

拍手[9回]

PR
今日のお素敵さまは、2011年夏に壊れたXPの 「IEお気に入り」 を再構築すべく必死で検索し
「長靴下のピッピ」で検索していて辿りついて秒殺されたLotteさまです( ´艸`)
ブログはこちら♪⇒⇒⇒ 『Hæklehexen』


◆こんなキーワードに惹かれる方におススメ♪◆
【編み物】 【北欧】 【可愛い】 【ぽかぽか】 【ほっこり】 【デンマーク】 


◆勝手に解説◆
自動翻訳でざっくり読ませていただいたところ、プロの編み物作家の方のブログのようでした。
本題のピッピは「好きなもの」としてちょこっと書かれていただけでしたが
lovely・cute・pretty・wonderful♪ 読めなくてもすごく愉しい( ´艸`)
目が歓喜する…そんな作品写真がいっぱいでした。


◆オナモミ的鼻血級大興奮◆
春を待ちわびる心とでも言うのでしょうか。
長く厳しい冬を少しでも楽しく…と発展した、北欧ならではの暖かな色目のデザイン。
繊細なものから大胆なものまで、秀逸な 「色の遊び」 と 「質感の妙」 が愉しめます。
計算しつくした「わざと☆不揃い」といった感じの作品にも
プロの手仕事を堪能できるきっちりと編み上げたセーターたちにもメロメロ。
不思議な顔の編みぐるみちゃんたちも、ころんと1個ならわたしの生活にも合いそうです。
ちょうど編みはじめで 「ナニカを作りたい」 わたしの欲求のど真ん中ストライク( ´艸`)
何に使うかよくわからないけど持っていて嬉しい…そんなものが作りたくなりました。
(いや、まずは役に立つものから作ってみようよ、自分)


◆オナモミ的横道話◆
ロッテさんのブログに辿りついて、気候風土と文化の発展は密接に関係していることに思いを馳せました。
3.11の震災で知りました。 木や草でできた家は、濁流に飲まれても凶器になりにくいことを。
古い日本家屋が船となり、人や動物を救っていく画面に目が釘づけになりました。
このこと自体は全くニュースにならず、当時の首相がドイツの田園都市を目指すとか言っており…
「ドイツは地震国ですか(?◇?)」 目が点になるとはまさにこのこと。 ぐほー。

「三匹の仔豚」 の絵本を読んで
「木と草と紙で家を作るなんて…日本、愚か哉」 と思った子どもは、わたしだけではないハズ。
でも、違うんですよ。
「煉瓦の家」 が 「一番賢い」 のは、台風も地震もない国で生まれたお話だから。
燃えても、流れても、崩れても、簡単に再構築できる。 それが日本の先人がたどり着いた生活の知恵。
当時の童話・寓話は皆そうですが、白人⇒黄色人種⇒黒人 と、白人目線での文化序列も入っているし
あの絵本には長い後書きが必要ですな。 うふふ。

興味深い実例がありました。
江戸時代に基礎が作られた母の友人の家…福島の古い蚕農家です。釘を使っていない古い建築物。
本震でものすごく傾いてしまった家は、余震のたびに自分で治っていき、初夏にはほぼ元通り。
「揺すった時」 「壊れた時」 これを考査するのが日本における建築の基礎なんだと実感しましたヨ。

そういえば、指物師だった爺ちゃんの作った箪笥や引き出しには皆、玩具みたいな鍵がついていました。
「こんなんじゃ泥棒は騙せないのに」 と思っていましたが…そうか。
地震で引出が飛び出して怪我するのを防ぐのが主目的なのか。
棚には可能な限り止め板がついてたな。 基本は引き戸、開き戸には掛け金。 うん、ナルホド!
西洋式の飾り棚は、大きな地震では漫画みたいにものがすっ飛びます。
気密性を高めすぎると、日本では結露や湿気対策の方が大変です。
壁にはめ込んだ作りつけの家具の注文が多かったのもナルホドだ。
丸砂利の敷石が最も高級な舗装だったのもナルホドだ。

コンクリのものもお洒落なブロックのものも大変なことになった東京。 現地は…


話は随分と遠くへすっ飛びましたが、序列をつけて戦う時代は過ぎ、違いを愉しみ慈しめる時代となりました。 
生活と編み物にほっこりなスパイスを♪……目だけでも愉しめるお素敵さまVol.2♪
 Lotteさまを勝手にご紹介させていただきました。 ぺこり。
タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】

拍手[1回]

たまこっぺがミルク飲みだった時、ナミヘイが倒れた時に編み物をしていたのを思い出し



くりくり編み始めたのがことの始まり。 これはペットボトルカバーになりました。



フネモドキが自慢したら(するなヨ)伯母さんが巨大段ボールに2箱、毛糸を送ってくれました。



祖母・伯母さん、二代にわたって編んだものの残り毛糸。 ラベルの可愛さが尋常じゃない~!



婆ちゃんは 「毛糸はスコッチさんに限る。いい色がない時はハマナカね」 と言っていたそうで



この Emu Wools のものがたくさんありました。 婆ちゃんのいい色とは黄土色ふう。

戦後すぐの昭和20年代~ 祖母や伯母が家族を想って買いためた毛糸。
ほどいて編み直すのが前提なので、使いまわしの良さ・男女問わずに似合うか・汚れが目立たないか…
そんなことを主眼に選ばれているのがわかります。 この黄土色がいろんな太さでたくさんあって
茶系・紺系・が続き、女の子用の挿し色に、いろんなバリエーションの赤がありました。


出来合いのものが高かった時代は、編む時間を捻出するのも大変だった時代。
冷蔵庫も洗濯機も掃除機もレンジもないんですよ~!
エアコンもナイ。 お湯だってひねれば出るなんてことは夢のまた夢の頃。
家事を全部手でやって…婆ちゃんは家業の指物のお弟子さんたちのお世話もしてましたネ。
よく編む時間を作れましたよ~。 昔の女性はまさにミューズ。 わたしはまさにダメ人間(*~*)


どうしても時間が作れなくて残っちゃった…が段ボール2箱か。 これはいろんな意味でお宝です( ´艸`)
フネモドキから、チキチキ編んで名前のあるものにして親戚に配る…が命ぜられました。
買ったら負けヨ☆チキチキ☆何かにするぞ大会 参加者1人にて開催の巻。



2011年8月の 「1人文化祭」 出展作品☆抜粋。

 
職人さんの手が入った母の昔の針を使って編んだら、ちゃんと四角に編めてビックリ~( ´艸`)
新橋で寝こけてカバンごと盗まれた馬鹿なヒトシ用【ベルト通しに縛っちゃうよ定期入れ】完成。



編み物上手な友人が 「いい糸といい針を使うと上手く編めるよ」 と言っていたのは本当だったの巻。
太い糸でやってみるも、姉の分もサクサク完成。 目を瞑っても編めるって本当なんだー( ´艸`)



マイスター☆引き抜き編みからスタート♪ と、手近なものに合わせてテキトーに編み続けるの巻。
最も気に入った【バッテリーポケット付パパデジ袋】。 ヒトシは恥ずかしいと使ってくれず。 ぬぅ。



送ってくれた伯母さんに【お家用頭痛避けニットキャップ】を作ってお邪魔したのは秋。
モデル猫は、ちっ君じゃなくて、伯母さんちのちいちゃん。

この伯母さんがお正月に倒れた最初の1人。 今日、退院です。 またよき変なものをお届けしよう。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●家族の毛糸で●

拍手[2回]

雲が好きで、年がら年じゅう、空を見上げては無駄にパチパチ。 これは2011年の8月の雲。






下も見ます。 いいものが、結構、落ちています( ´艸`)


同じく8月のこの日は実家の当番日だったので、拾った石は、母に。
「いいものアゲル~。お父さん石だヨ~♪」 「あら、ホントだ~♪」

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●空と石●

拍手[4回]

【悩めないのが悩みデス】 の続きデス( ´艸`)


玄関でも喉を鳴らしていたモッサ、10分ほど我が家の匂いに慣れさせてから居間へ。
たまこっぺに既に遭遇し、匂いで 「他ニモ猫ガイル」 とわかっていたでしょう。
集まる、集まる。 ワクワクお兄さんズ。 左から、おちゃびん・スミちゃん・ピッ君。



わくわくピッ君におちゃびんは撥ね飛ばされてしまいましたの巻。
スミちゃんとおちゃびんで 「知ッテル匂イモスルシ、イインジャナイ」 的な目配せあり。
ケージ越しに穏やかに匂いを嗅ぎあい、うちの子認定。


調子コキ&仲良し大好きなピッ君は 「出テオイデヨー。 遊ボウヨ♪」
具合の悪さはどこへやら……この後、全くの元気っ子に。 嗚呼キャッシュな男☆ピすけ。
 

 


ショボイ人は素敵です。 ちっ君は、好きな場所の隣に新しい子がいてもいつも通り。
カリカリでは釣られないモッサに、食べて見せるピッ君。 「美味シイヨー。 出テキテ食ベナヨー♪」
 
 


モッサさんはやはり缶詰派でした(笑)
うちのショボさに慣れてもらわないとイケナイので、味わいツナ☆セールで3個で90円☆を。 ぶほほ。



食事もして、ひととおり探検を終えると、猫たちの 「おんも見る椅子」 の隅っこへ。
「モッサ~♪」 と言うと 「な゛~~~~」 と顔を出します。 今日は好きにしたまえ。



いつまで隅っこ暮らしするかな~と思っていましたが、翌日には椅子の上に陣取り
居間と寝室の間にモップのように寝転がるようになってしまいました。 大物ナリ。
 
自分が行くのはイイんだけど、ピスたちおに来られるとブゥゥゥゥッ!っと唸るモッサ。
気弱ーズ☆ピスたちおは和室に行けなくなっちゃって。 ぶほほ… とほほ…


元お嬢さま☆モッサに 「モッサの家だけど、モッサだけの家じゃないんだよ」 を教える道のりは
結構遠いのでアリマシタ。 今週に入って唸らなくなったけど、まだ和室に入れてもらえないピスたちお。



タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●モッサ、うちの子になる2●

拍手[5回]

龍みたいな雲! もっとよく見えるところは…と走る、走る、風の強い日。





あっという間に風で千切れてしまいました。 「干し芋雲だ♪」
ハッ! 風流でなさすぎる自分に苦笑。 ガッカリだよ、自分! ぶほほ!



全て2011.2.23撮影です。 (今日の東京は雪が降ったあとの寒い晴れた1日でした)
夏にXPが壊れる間近、慌ててバックアップしたデータを年末に整理した時に見つけ
モッサシリーズを完成させようとしていて、また見つけました( ´艸`)
(整理してないジャン) (見て遊んでたんジャン) (駄目ジャン) (繰り返してんジャン)


龍雲は、車輪のついた銀河鉄道にも見えるヮ♪ まではお素敵脳だったのにのう。
残念ナリ、わたしのオツム。
このあと、必死でカッコイイ喩を考えてミルも、干し芋に回帰。
直前に撮ったこのミカンにも心惹かれていたので八百屋さんに行って
「冬はこの2つが美味しさ1等賞ですよね♪」 とかレジのお姉さんと会話しつつ
干し芋とミカンを買って帰ったことを思い出しました。 たぶん、納豆も、買った。

 
写真っていいですね( ´艸`) 違うかっ(*m*)

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●空●

拍手[2回]

モッサ君見に行くか~ と2人で何度も公園に行ったのですが、出会えず。 (ヒトシの頭入りの空)



カブちゃんとミケちゃんはご飯中。 うわーモッサ、悪い人に苛められて逃げちゃったのかなー。



あーいたいた! モッサ君! 心配したよ~。 1時間も探したんだぞー。




ヒトシ 「モッサ君、昨日よりばっちくなってるぞ」 と必死で葉っぱをとるの巻。 無駄の巻。




ヒトシはケージを取りに帰るの巻。 置いてあるご飯はいらない模様。



遊んで待ってましょうネー。
スリスリなでなで
エヘヘエヘヘ
ころろーんころろーん
ごろんごろんごろんごろん
ごろろんごろろん


オジサン遅イネー


アーッ♪ ソレハ♪ ケージトイウ イイモノデスネー♪

ランラ♪ランラ♪
ルンル♪ランラ♪
スポーンパターン
…自分で入っちゃったよ、モッサ君(*m*)

澄まして籠に入り、澄まして自転車に乗って、澄まして動物病院に行きました。
いつもお世話になっている動物病院に駆け込み「捨て猫保護しましたぁ~」
「お名前、決めました?」 「男の子で、モッサ君でぇす♪」 飼う気満々☆悩めぬ夫婦。

ヒトシ、友達に電話をしている。 「チャウチャウ拾っちゃったんだ」 …チンチラだよ(恥)

澄まして検査とトリミング。 推定年齢3~4歳。 約3kg。 三大疾病ナシ、血液検査全項目良好、蚤ナシ。
「このままみんなと仲良くできますねー」 じゃあお家に帰りましょう( ´艸`)
1時間以上たっぷりトリミングしながら触診もしてくださり、保護猫割引で6300円でした。



「オカエリナサーイ♪ …ッテ、誰? ソノ毛玉、誰?」 迎えに来て飛び退くたまこっぺ。

わたしが去勢済みのゴールデンボールと思ったものはウンチ+毛でして…
モッサ君は モッサさん(メス)でした。 ぶほー!

「ピスたちお」 が 「ピスたちおモ」 になった、1/9。
ケージも乗り物も動物病院もトリミングも 「知ってる」 モッサさん。
お嬢さまな生活をしてたんだろうナァ…我が家は猫の天国だけど、ご飯はショボイんだよ。
みんなと仲良く、お腹いっぱいになって、楽しく暮らしてくれたら、イイナ。



おまけ。 2010年2月のスミちゃん公園。(そんな名前ではアリマセン( ´艸`))

広大で綺麗な公園の多い江戸川区の中では 「小さな何もない」 公園。
季節の木や草が生い茂るのが楽しいスポットですが、この緑化が仇となり
ご存じのように江戸川区は今やウルトラホットスポット。
昨年の11月頃から盛大に刈り取られ&刈り込まれ、ごっこ遊びする子どもたちの姿が消えました。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●モッサ、うちの子になる●

拍手[4回]

スミちゃん、何してるのー



「僕ノイタ公園ミテタノ」 という可愛い光景が時折見られます。 そう、右の方にあるのよネ。



親戚の連続入院騒動が落ち着いた1/8。 スミちゃんのいた公園に行ってみました。



「ヤッホー♪ コンニチハッ♪」 と、激しく登場、モサモサ君。








お腹が空いてるのかも…とオヤツを取りに戻ります。 追いかけて来るけど、植込みでストップ。



12月半ばからいたよなぁ…近隣公園組のふさこさん(オス)が引っ越してきたのかと思ってた…



「待ッテマシタヨー♪」 警戒心ゼロふう。 人恋しいの、思い出しちゃったんだネ。






心配だから、ちょっとでもいいからオヤツ食べてくださーい。 カブちゃんは3杯食べたよ?





…ほんとにちょっとかいっ。 で。 男の子だネ。 モッサ君でいいのネ。





ヒトシにもたっちしてご挨拶。 愛想がいいと言うか、ほんとに警戒心ゼロと言うか。





走って追いかけて来たけど、やっぱり植込みのところで止まってしまいました。

あんな子、置いておけないねぇ。 でもピッ君、またヤキモチで病気になっちゃうねぇ。
たまこっぺは全然大丈夫だろうけどなぁ。 悩ましいなぁ。 うぐー。
などなど、夫婦でこれから悩むのでありました。 うぐー。


この公園ね、ぐるっと大きな道路に囲まれてまして。
迷子の坊ちゃん・嬢ちゃんが来られるようなところじゃないんです。
首のところにもっさり毛玉…首輪外してケージで連れてきてポイ…濃厚。


最後の写真は 「アリッサム」。 カワイイなー。 育ててみたいです( ´艸`)

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●スミちゃんと公園の猫たち●

拍手[2回]

美しき初日の出…



…じゃなくて、1/18の夕焼け( ´艸`)
年末以上にグダグダのドタドタな年明けで御座いました。 ぐほー。


● ピッ君の大風邪、1/8まで続く
● 牙突出のちっ君、犬歯が2本抜けるまでご飯の支度が大変の巻
● 伯父・伯母が1/4~相次いで救急車⇒入院⇒元気な大人1号のオナモミ、駆けずり廻る
● グダグダなまま新年のお仕事スタート
● 「も」 が来て、たまこっぺが泣いて病気になって、猫盛りの猫守りになる

「たまこマイラブ」 を自負するヒトシがオタオタ大騒ぎするもんで、わたしまで不安になってもうて~
たーまんがガックリ具合悪くなった時期とちょうど同じだし、むっちゃ怖くなってしまった(泣)
1/18に全快してくれ、1/20に仕事も中〆となり、ホッとしたところです。

いつも目茶目茶でスミマセン。 本年もゆるりとおつきあいくださいませ~( ´艸`)


 
元旦は元気に実家で集まれて、ナミヘイは駅伝でワクワクしちゃったりして



なかなかいい年明けだ~♪ 大吉だ~なんて言ってたんですけど(わけわけ林檎飴)



八幡さまは嘘をおつきにならないの巻。 2人とも小吉でした。 えへへ。


だがしかし、この猫盛り( ´艸`) ピたちお♪




大吉状態でごわす( ´艸`)
左から、おちゃびん・ピッ君・ちっ君・たまこっぺ。


スミちゃんは…焦げ茶同盟を組みたくて組みたくて、別のところに。 このニューフェイスと。
 


誰って… モッサ ッテイウンデスヨー」
ぐほー!ぶほー!



そんなこんなで、2012年、初カキカキ( ´艸`)



おまけ。 たーまんとスミちゃん・ピッ君・ちっ君。

こっぺ、ちょうどたーまんと同じぐらいの大きさです。 毛がモッサだけと具は小さいこっぺさん。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●ピスたちおも…続く●

拍手[4回]

…て。 今年に限ったことではナイんですけど( ´艸`)
生まれてこの方、毎年が 「カツオ君の夏休み表」 状態。 えへへ。 


えへ。


てなわけで(どんなわけで~)今日は家族でクリスマス会なんです。



年明けにはこんなお年玉が貰える予定。 (カエルさんのテープカッター)



仕事はもうすぐ片付きそうです。 (片付けてからクリスマス会という選択はデキマセン)

「あ、日本地図♪」 と、もっとよく空が見えるところに走ってるうちに崩れてしまいました。
何ごともトットトヤレと、空の神様がゆーてますふう? キコエマセンふう。
今度は龍みたいになりました。 右向いて、ガオーッ。 えへへ。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●オナモミは大掃除のためにアップを始めた●

拍手[5回]


もさもさ  ミモザ



つやつや  ハナミズキ



ほよほよ  地面に落ちる影



ふさふさ  元角刈り (過去記事⇒角刈り)



ぷかぷか  夏とは違う雲



(運動会が懐かしくなる)(若い力を歌う)(泣けてくる)(馬鹿)



しんしん  誰もいないスミちゃんたちが住んでいた公園



いったんお家に帰りましょう



翌日は  二層式の夕焼け



見飽きないの巻 (この日は土手にたくさんカメラーがいました)



白い雲  明日も晴れるね



本当はもう暗いのです  買物に行かなくちゃ

洗濯以外の主婦業は放置したの巻。 これから取り返すの巻。 (無理だったの巻。)

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●オナモミは仕事のためにアップを始めた 2011.10.3&4●

拍手[5回]

2011.7.3。 ほわほわ、指毛。 猫指毛。



お泊りマジック☆継続中。 お兄さんズは、仲良く窓辺で日向ぼっこ。



ア、ソーレ♪ って、大東京音頭踊ってるみたいなたまこっぺ( ´艸`)



ミルク飲みましょうネー。 マジック継続中に、わたしにはヤラネバナラヌことがあるノダ。
ぢゅうううっぢゅうううっ

         

まずはパパを騙すノダ。 「お散歩サイクリングに行こうよー♪」 パパは騙されたノダ。
もう夕方ナノダ。


隣町で大安売りなのを知っていたノダ。 いい加減、仕事がヤバいノダ。 PCがいるノダ。
とても安かったノダ♪壊した人が運ぶノダ♪


ノートを買う予定だったのに大きいのを買っちゃったノダ。 My紐だけでは安定しないので綱を貰うノダ。
よい綱ナノダ助かるノダー


本当はわたしが縛り付けたノダ。 ヒトシよりわたしの方がくくりつけるのが上手いノダ。
俺はバス育ちだからな運ぶのは割と上手いよ


途中で外れたらえらいことになるノダ。 しっかり縛り付けられているか、叩いて確認するノダ。
とんとんとととん


頑張って運ぶノダー。 「頑張るノダ」。 それでいいノダ。



わたしは後ろについて、転げた時にカバーする係ナノダ。 さぼっているワケではないノダ。



暗くなってきたノダー。 「ほんとナノダー」。 交代するか? 「いいノダー」。
うんしょうんしょ


頑張れナノダー。 「頑張ってるノダー」。 交代するか? 「ここまで来たら最後まで運ぶノダ」。
ひいひいふうふう


よく頑張ったノダー。 壊したことは赦してやるノダ。 これでいいノダ♪



「繋ガナクテイイノ?」 今日は疲れたからやらないノダー。



置くところを作ったり色々大変だったノダ。 通線したのは7/5の夜だったノダ。
仕事が超山盛りナノダ。 まった無しナノダ。 ひいひい言いながら仕事したノダ。

74,800円で買って喜んでいたら、最近ジャパネットタカタさんで、これの後継機が
フルカラープリンターもついて♪ デジカメもついて♪ セッティングもしてくれて♪
もちろん家まで無料で運んでくれて 79,800円

で売っていたノダ……ぬぉぉぉぉぉ!
でも7月の仕事をしないワケにはいかなかったノダ。 これでいいノダ。



車社会のお友達に 「ふぅ~ん♪」 と面白がってもらえた小噺を。


電車・バス・タクシー、昔は都電もあった。 公共の乗り物の方が安上がりな上に時間が読めます。
「親に買ってもらった車を持っている」 のは、車を持っていないよりずっとハズカシイ。
「親に買ってもらった車を自慢する」 に至っては、友人ではなく知人に格下げ決定。
なんにしたってお金のかかる暮らしの中で、テメェのものをテメェで買えないなんてーのは粋じゃネェ♪
根っからの東京モンにとって、マイカーのない生活は今でもフツーです。


大き目の家電やIT機器は、職場の近くでお父さんが買って電車で帰るのがデフォルト。
何気に毎日☆重労働&筋トレ☆東京モン。 ガンバレ働き者たち。
通勤電車にウンセウンセと大荷物で乗り込んで来る人がいたら、ススッと詰めて
ドア横の角を譲って譲られて、にっこり会釈しあうのが東京のルール&マナー。
ラッシュ時ほど、このルールは守られねばなりませぬ。
ドア横で 「自分の場所」 と言わんばかりに足を踏ん張って睨みつけてるような人は
どんなに洒落た格好をしてたって 「ああ、似非東京人だな♪」 とわかります。
「ちょっと!押さないで!」 と叫ぶお姉さん方が時々いますが、ありゃー超ハズカシイわ~。
昔は 「譲り合って詰めるのが常識だ!」 と怒鳴ってくれる粋なお爺さんがいたもんですが
最近は女性上位でうるさいから。 東京モン同士でくすっと目配せしてオシマイ。
公共の乗り物はみんなのもの。 混んだ電車に大荷物を持ち込まねばならない状況を思いやれ。
誰が好き好んで混んだ電車でそんなことがしたいかっつーの。 と、東京モンは眉毛で会話。


江戸時代から常に 「地方のみんな」 でできていて、常に生まれ変わる町。 それが東京です。
異なるアイデンティティを持つ人が集うからこその 「暗黙のルール」 がたくさんある。
戻る人あれど残る人もまたあり…の中で東京モンが代々受け継いできた暗黙のルールを
新東京モンの方にも、東京モンを名乗るんなら守ってもらいたいなー と、思うわたしでありました。
いや 「守れよ、この馬ァ鹿!」 と思ってます。 ハイ。 うわははは!
「ドア横は、大変な人に譲るもんでい♪ オメェのもんかってハナシだろ?」 席を譲るもまた然り。


粋・粋・常識とわたしがウルサイのは、湯島の爺ちゃん(厳密には母)の影響です。
落語家の生まれ変わりじゃねぇかって、町でも評判だった指物師の爺ちゃん。
「寄席に通われて勉強なさったんでしょうねぇ」なんて似非マダムが言いますが
「人気職人が寄席に通ってる暇なんてあるもんかってんでい♪ こりゃあ血筋だよ♪」
自分で人気職人っつーかね、爺ちゃん。 ぶほほほほ。


わたしは車酔いが酷い子供で、車・タクシー、どちらもダメでした。
大人になってもバスだけは苦手。 いまだにダメです。
なので、電車が走っていないところは歩く。 ひたすら歩く。
そんな生活をずっと続けてきたので、20kmや30km、真夏だって平気で歩きます。
荷物が多い時は10kmまでにしたいかんじふう。 うほほ。 ヒトシも歩くのが上手になりました。


ヒトシは麻布の人だけど、麻布が全国の皆さまから 「お洒落扱い」 なのは極々最近のこと。
武家屋敷や大使館があって、昔から 「若干お洒落ふう」 ではあったけど、電車が通ったのは昭和39年。
普通に住んでる人にとっては、閑静な住宅街…というより 「不便な都会の田舎」 に近かった。
ヒトシの家はずーっと昔からそこにあって、ヒトシずママもそこで生まれ育ちました。
都会の田舎は下町ではないから、ヒトシはべらんめぇ調では喋れないけど
下町気質のわたしと 「勿体ない」 や 「「この方が楽」 などの物差しは似ています。
電車に慣れないヒトシずママは小さなヒトシをどこへでもバスで連れて行ったので、ヒトシはバスマイスター。


相続の度に家屋敷を手放さざるを得ず、または区画整理で…
ヒトシの実家のご近所も、たくさんいた同級生も、ほとんどが麻布を離れていきました。
山手線に一本で出られる東京都内・神奈川・千葉・埼玉・茨城などに住んでる友人が多いです。
「埼玉ってダサい」 「千葉なんて田舎でさー」 とか言う都民は、間違いなく新参者ですよー(笑)
震災などのたびに人が動いた関東一円、江戸時代からみな兄弟。 小学校で習うもーん。
天下泰平となって後、江戸幕府の命で開墾・開拓…という地が、関東一円にたくさんあるんですよ。


タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●東京暮らし●

拍手[4回]

2011.7.2の実家にお泊りから帰宅まで。


お兄さんたちは疲れて寝てしまい、こっぺさんは1匹でも大はしゃぎ。 寝てくれたのは3時頃でした。
 
 


翌日、お昼を過ぎてもお兄さんたちは寝たフリ。 なので 「オバアサン」 と遊んでもらいました。



こっぺさんはねこじゃにらしにホイホイされ、わたしは模様替え、うんとこしょ。



「オバアサン、アタシモ遊ンデアゲマスカラネ」 母のおなかにモゾモゾ。



「オジイサントモ遊ンデアゲマショウネー。 コチョチョノチョ」



「ホラホラ~ コチョチョチョ!」 こっぺさん! お爺さんはほっとていあげて~。



「じゃあ毛糸で遊びましょうね~」 お婆さん! それもやめて~。 玩具にしないでっ。



チェーッ



ほらぁ。 こっぺさん。 お兄さん起きてくれたよ。 遊んでおいでよ。



どうしても毛糸で遊んでみたいこっぺさん。 わたしの手元をじぃぃぃぃ。



「ほらほら、お婆さんと遊びましょう」 に ガブーッ!



シャアアアアアッ!  ぐほー。



おトイレして、腹ごしらえもして(オバアサンニハアゲナイヨ)。 そろそろ帰りますか。
 
 


洗濯物をしまった父は、こっぺさんもしまってくれました。
 
「もう連れてこないでいいぞお」 と父。 父は本当は猫が苦手。 わはは!

         

家ハイイワネー。 落チ着クワネー。 ゴハンオイシイワネー。



ピッ君、タダイマダヨー。 「ウン、オカエリー」



オチャ君、タダイマダヨー。 「ドコイッテタノ? 夜モカエラナイカラ心配シタヨー」



スミ兄チャン、一緒ニ寝テクレルノ? 「ウン、1人デ寂シカッタロ?」 ウウン、ナンカイッパイイタヨ。



チッ君。 チッ君。 イイコニシテタ? 「僕ノ方ガオ兄チャンナンダケド…ウン、イイコニシテタヨ」

おー、ビックリ! 想定以上の結果が~( ´艸`)
可愛い子に旅をさせてよかったヮ。 お互いに 「再会」 がとっても嬉しそうでした。


エッヘン。 ドウダ、マイッタカ。

【ピスたちお】 ではなく 【た☆ピスちお】 なのは変わりませんでしたが、それでいいのだ♪
 
         

そして現在。 11月22日のたまこっぺ。 ゴージャスなお姉さんになりました。
見た目だけネ。 性格は相変わらずです。 わはは!
1番偉イノハ誰デスカー? 縞々ナ諸君!
サアハッキリ言ッテミテ♪


おちゃびん・スミちゃん・ピッ君・ちっ君 「タマコッペ…デ、イイデス」
聞コエマセンヨ! 誰デスカ?!

おちゃびん・スミちゃん・ピッ君・ちっ君 「誰デモイイデスヨ~」

         

と、たまこっぺの近影がでましたが、まだまだ小さい頃の写真をダラダラします~。
【たーまんの代わり】 ではなく 【たまこっぺ】 として
お兄さんたちが受け入れていくさまといったら…とてもとても可愛かったのですよ( ´艸`)



【おまけ】2010.8.7。 断脚して片手になったおちゃびんのリハビリに、お相撲をしてあげるたーまん。
転がって、チョイチョイと誘い、おちゃびんが悔しがったら舐めてあげて一緒に寝る。
 
 
 

優しい素敵な子だったねぇ、おちゃびん。 「ターマンハ特別ナノダ。」
そうね。 そのハードルをたまこっぺに超えさせる必要なんてなかったんだよね。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●うちの猫&実家の猫●

拍手[7回]

2011.7.1。 父がデイサービスにお試しで通い始めたばかりの頃。 母の通院日。
デイから帰る時間より早く帰れるはずだけど…と心配する母のため
たまこっぺ飼育セットとお土産を担いで実家に行きました。
結局、わたし⇒母⇒父 の順に家に着いたんですけどネ。


こっぺさん、こっぺさん。 起きてくださーい。 おでかけしますよー。



「昨日ハ遅クマデ ボクシング シテタカラ、ナンダカ眠クテー。」 こんなだったのよネ。
 


「焦ゲ茶ノオ兄サン。 アタシ電車デオデカケスルンダッテ」 「電車ッテ、ナンダロネー」 「ウン」
 


駅に着くまではすごく鳴きましたが、乗ってしまったら静かなもんで。 ずっと寝ていたこっぺさん。
すうすうすやすや


実家に到着。 「ナンダココハー?」 と、こっぺさんは探検をきゃっきゃと開始。
 
 


にょろろ~ん。 のびび~ん。 白いお兄さんが静かに登場。 こっぺだよ、ライチ君。



こっぺさんは4匹の白黒兄さんたちに興味深深だけど、兄さんズは 「こっぺケージ」 の方に興味深深。
 
 


「トイレモアルンデスヨー」 と、入ってみせるこっぺさん。 なんと、いきなり仲良し。
 


持参したチビッコ用カリカリもわけてあげたりして…こっぺさんたら、いい子じゃないデスカ!



白黒同士、気が合うんでしょうか。 尻尾で遊んでもらったりして超ゴキゲンなこっぺさん。



でもわたしにはこの態度。 ぶほー。



たーまんのだったチビ毛布も持参。 マキマキしたら寝てくれました。 ふう。



自分の好きな場所を貸してくれた白いお兄さんは、見守りも上手! 「初メテデスケドネ。」
 


「黒イオ姉チャンガクレタノー♪ 美味シイネ、コレ!」 見守る優しいにゃっこ姉ちゃん 「缶詰ヨ」

疲れちゃったからさ、今日は泊まろうねぇ。 「ウウン、愉シカッタヨ。 疲レテナイヨー」
わたし 【が】 疲れたんですぅぅぅぅ。

         

白黒4兄弟とはすぐに仲良くできて、ビックリ&反省。 まっさらな状態の白黒兄弟とは仲良くできた。
わたしもヒトシも、この子に 「たーまん」 を期待しちゃってたのがいけないんだ。
茶色い縞々お兄さんズも、きっと。 わたしたちが 「たま、たま」 と言うから。
こっぺさんはこっぺさんなんだよネ。 「たまらしくない ッテ ナンダ?」 だよネ。

そして、母は母であった。 ビックリなのだ~。
暑かったので首に巻いていった 「冷媒3つ」 のうち2つは 高級干し柿
「食べちゃおうか♪ いる?」 …真夏にヒトハダの干し柿…イラナイ(*m*)
 
止める間もなく 「わーい!山椒!食べたかったのー!」 と口に放り込んだのは
瓶に入れて持参したこっぺさんのカリカリ。 ロイヤルカナン・ベビーだよ?
「味しないねぇ。 この山椒」 だから、猫カリだってばよ!
瓶に指つっこんだ段階でわかるでしょ…てゆーか…指突っ込むって(*m*)



【追記】 父がひとりで作ったおでん。 切ったのも、こんにゃくをクリクリしたのも父。

揃えたのと火を使って味付けしたのは母ですけどネ。 ふふふ。

タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●うちの猫/たまこっぺ・寿実太・実家の猫●

拍手[4回]

2011.6.29。 模様が濃くなって、長毛もハッキリしてきた 「珍獣たまこっぺ」。



ピッ君と寝る時 「だけ」 いい子。 眠くなるといつも傍に行きました。
 
 
兄チャン 大好キー



だけど…他のお兄さんたちには…
 


待テーーーー♪ ブッテアゲルーーーー♪



結構デーーーース!

他の子がやられてると救助に行く隊長スミちゃんも、自分がやられる時は逃げるだけ(涙)
写真のスミちゃんの左側。 白黒のたまこっぺの影、わかります? 速すぎて写らないの巻~。


「ピスたちお」 への道は遠いのだ。
これでは 「た☆ピスちお」 なのだ。



御飯の時はもっと大変! 殴る、殴る、盗る、怒る。 逃げ惑うお兄さんズ。
たまこっぺからお兄さんズをガードし、ゆっくり食べさせるのは至難の業。 写真を撮る余裕もナシ。
慌てて食べて、走って逃げて…お兄さんズの猫納豆生産率がアップしてしまいました。 ぐほー。
何度お掃除したかしらねぇ…(遠い目)


僕タチハ、6月ニ、大キイプラケ&高イトコロニ引越シテタノデ、無事デス。 (by亀ちゃんズ)
  


爪は出さないけれど、意地焼かしさせたら天下一品のたまこっぺ。 寝床が変わりました。



毛布を洗って返したので、おちゃびんはわたしに 「アリガトー♪」 ってしてくれました。

家の中でビーチサンダルなのは 「猫砂避け」 のためです。
お兄さんズがトイレに入ってる時もたまこっぺが悪戯するので、家じゅうに猫砂が…ぐほー!
トイレ中のお兄さんズは無防備で悪戯し放題なので、たまこっぺ大興奮。 ぐほー!


頭はいいので 「ダメ」 はすぐに覚え、今していることはすぐにやめるのですが
別の悪戯&意地悪を始めるという… たーーーまーーーこーーーーっ!
グレムリンの悪い子☆ストライプ君状態で、猫語が喋れるわたしにも制御不可能だよ、ちみ。


トイレも食事もままならず、お兄さんズのお疲れはピークに。
ちっ君が食欲不振、おちゃびんが吐きまくりになってしまい…
ちっ君は怯えて隠れて…この頃の写真にはろくなショットがありません。
常にお世話係りを任命されるピッ君は、寝不足で熱を出すありさま。 ひぃぃぃ。
誰かが泣き叫ぶ度に起きるわたしも超寝不足。 授乳よりこっちがキイタ…。
実家のお留守番を急に頼まれ、これはいいチャンスかもしれない、と。
一度離してみようと思いまして、たまこっぺは電車に乗ってお泊りへ…は、また今度( ´艸`)




わたしは5匹を追いかけていて気付かなかったのですが、ヒトシが
お兄さんズは 「たま」 と言う言葉に不思議な表情をみせると言う。
彼らは、優しくてお茶目だったたーまんを、ちゃんと覚えているかのように
「コノアバレンボウハ、タマデハアリマセン」 的な悲しい顔をするよ、と。
気のせいだと思うんだけど、言われるてみるとそんな気もしてくる。 ぬーん。
そこで 「たま小と書いてタマコ」 を、暫く 「こっぺ」 と呼んでいました。
たま小はたま小で 「ま」 という音が好きと後にわかったので 「たまこっぺ」 が呼称に決定。
「たーまん」 「たま」 と 「たまこっぺ」 は、お兄さんズには別モノに聞こえるらしいです。
たーまんを叱る時は 「たまっ」 って言ってた。 確かに。 ぬーん。 
油断も隙もない
なんでも興味深深なだけなんだけどネ。 きっとネ。(と自分に言い聞かせる)


猛烈に吸って、哺乳瓶代わりの注射器を3個破壊
現在も、吐かず☆お腹壊さず☆爆食い☆記録更新中。 元気な悪戯っ子、たまこっぺ。
 
タグ【Canon Powershot G2】【古デジ】【写真】【猫】【ネコ】【ねこ】
●2011.6.29&30 うちの猫/ピスたちおへの道は遠いの巻●

拍手[4回]

category
※お休みしてる間にブログ仕様が変更になり、トップエントリー下部に巨大PR写真が入るようになっていました…引っ越しマジ考え級にイヤ~(号泣) 華麗にスルーしてくださいまし~(*~*)
comment
[07/02 くろろ]
[05/14 Backlinks]
[02/09 くろろ]
[02/07 茶々ママ]
[02/01 茶々ママ]
profile
HN:
オナモミ
 
2001年発売のG2、max400万画素。部品保管期限2010年明けにて終了。絶滅しないよう5台保有。名前は全部デジオ。大き目の光学レンズ付きで、オモシロイ撮れ味。くだらなくも愉しき日常を惜しみなく切り取るのに、なんともいい具合のカメラです。
PowerShotA630・ViviCam5050で撮ったものも、時々登場する予定。

         

2009.12.27 コメント欄付けました。
どうぞのんびりしてください。好きなことを書いてください。写真ばっかりだけど、写真ブログとはイエマセン。ぷ。猫が多いけど、猫ブログでもないのです。ぷぷぷ。

         

2011年12月、6台目のデジオ購入。
直すのもそろそろ限界なのですぅぅぅ。
飽きてしまった方、オークションに是非ご出品くださいませ。可愛がりますから( ´艸`)
something more
オナモミは、子どもの頃から好きなもののひとつです。投げてヨシ、くっつけてヨシ。あってヨシ、なくても実はコマラナイ。そんなオナモミがわたしのHN。

だがしかし。名乗ってから知る☆花言葉。
≪怠け・頑固・粗暴≫…ヒドイヮ!ぶほー!

くっつかない 巨大オナモミモドキ

コレは痛いだけでツマリマセン


         

◆おじゃもみ亭とは(?◇?)◆
「オナモミが、もじゃもじゃする場所」。
音ガ一番愉シカッタノデ。あはは。
オナモミ~~お茶のみ~~と発音しながら愉しい音を探す、莫迦な大人を想像してミマショウ……ハイ、それがわたしです。

  この絵は願望です。
  実際は、超胃下垂の為、残念なほどに
  トリガラ子で御座います。ぐほーん。


G2はそもそも400万画素しかないのに、キャビネ気分の小さめ・粗めで、もじゃもじゃバシバシ撮るのが好き。レンズフレアが好き。飛ばし気味・赤転び気味も好き。撮影時期は、昔だったり今だったり。「東京から出ることのないマヌケなオヤジ系の生き物の日常」ふう。
仕事も親戚もみんな東京。しかァし、お洒落度ゼロふう。何事もテキトー星人ふう。絶滅危惧種の江戸っ子カメラー(?)。趣味は、たぶん迷子的散歩。
愉しい・可愛い・面白い……そんなことを考えるのが好きなので、時々話が長いです。



Photo & Copyright©[おじゃもみ亭]
All Rights Reserved.

イラストは「もずねこ」さんからお借りしました。
         
never mind




忍者は静かなイイトコロ。そこがとってもスキナトコロロ。商用ブログ&同人系が多いので、サービス内で素敵なブログを見つけ難いのが難点です。そこで、blogramとブログ村にちょろりーん。現れましたら、ゆるりとお相手くださいませ。

blogram投票ボタン
自分がよく使う言葉の分析……笑えます。
たいていクダラナイ。ぶほほ。

にほんブログ村
邪道すぎるG2偏愛者故、ランキング不参加で御座います。パスワードを忘れて退会できないのでゴザイマス~。ごゆるりと。

         

ランキングは参加してないよぉ~~ですが、ブログ村等を押してくださる無口で優しいあなたへ。2010年3月20日、拍手ボタンを付けてみましたよ。うふふ。

※拍手コメントは、通常のコメント欄へは反映されません。忍者の仕様ですの~。いつも愉しく拝見しております。ありがとうございます。

         
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
key word search
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]